ページ内を移動するためのリンクです。

国と地方の協議の場(令和3年度第1回)(テレビ会議)を開催し、立谷会長が出席(令和3年6月2日)

 6月2日、「国と地方の協議の場」(令和3年度第1回)がテレビ会議形式で開催され、本会からは立谷会長が出席し、骨太方針の策定等及び新型コロナウイルス感染症対策について協議を行った。菅・総理大臣からは冒頭、①新型コロナウイルス感染症については、地域の状況に応じた対策を徹底することで各地の感染レベルを抑えていく。対策の決め手であるワクチンについては、国と地方が一体となって希望するすべての方が一日も早く接種できるよう全力で取り組んでいく、②骨太方針については、新型コロナ対策に最優先で取り組みながら、ポストコロナも見据えて、グリーン社会の実現、デジタル化の加速、活力ある地方づくり、子供を産み育てやすい社会の実現の課題を重点的に取り組み、力強い成長を実現していきたい等のあいさつがあった。
 立谷会長からは、①新型コロナワクチンの配分について、高齢者接種以降も間断なく迅速に接種をしていくためにも、接種の進捗状況が地域によって差があることも踏まえ、地方の進捗状況に応じた市町村別の傾斜配分の仕組みをご検討いただきたい、②12歳から15歳までが新たに接種対象となったが、接種する場合の留意点などのガイドラインを示してほしい、③ポストコロナを見据え、観光回復や国土強靱化などの問題に対して積極的な財政措置等をお願いしたい等を発言した。
 
○配布資料
骨太方針の策定等について(地方六団体提出資料)
新型コロナウイルス感染症対策について(地方六団体提出資料)
 
210602kunichihou-kyouginoba.JPG
(発言する立谷会長 / 相馬市庁舎)
 
210602kunichihou-kyouginoba2.JPG
(発言する菅総理大臣/  総理官邸)