ページ内を移動するためのリンクです。

選挙はまちづくり わかりやすく・おもしろく 公開政策討論会条例ができるまで

200203fukuoka-books.jpg
  著者:下啓一、田村太一、穂積亮次(新城市長)、鈴木誠
  2020年11月24日(第一刷)イマジン出版 TEL:03-5227-1825
  (定価 1,500円+税)
 
 市長選挙の候補者たちが、公開の場、市民の前で政策を戦わせる「公開討論会」。
 新城市で成立した「市長選挙立候補者公開討論会条例」の成立過程が面白くよくわかる。
 市が条例で公開討論会の実施を定め、候補者同士が真摯に市の未来を語り合う。
 選挙は、投票はまちづくり―市民の権利であり、未来を決める責任。
 市民や行政が英知を絞って創ったこの制度がよくわかる。今、必読の1冊。