ページ内を移動するためのリンクです。

自由民主党「地方税勉強会」に副会長の齊藤・熱海市長が出席(令和2年12月2日)

 12月2日、自由民主党「地方税勉強会」が開催され、本会から副会長の齊藤・熱海市長が出席し、熱海市の現状を踏まえながら、➀固定資産税は我々市町村の重要な基幹税であり、その税収の確保は非常に重要であること、②市町村においては、魅力ある住みやすいまちづくりに取り組んでおり、その結果として、資産価値が高まり、地価が上昇した場合には、地価の上昇分を反映した課税が必要と考えているので、是非、適正な評価、課税をお願いしたい等について発言し、固定資産税の確保について強く要請した。
 
201202jiminto-chihouzeibenkyokai.jpg
自由民主党地方税勉強会で発言する齊藤・熱海市長