ページ内を移動するためのリンクです。

「新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種に関する説明・意見交換会」が開催され、立谷会長をはじめ、副会長の岡﨑・高知市長、東北市長会会長の小野寺・青森市長、社会文教委員会委員長の吉田・本庄市長、同副委員長の川俣・那須烏山市長、地域医療確保対策会議副座長の都竹・飛騨市長が出席、厚生労働省の正林・健康局長及び迫井・医政局長と意見交換(令和2年9月9日)

 9月9日、「新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種に関する説明・意見交換会」が開催され、立谷会長をはじめ、副会長の岡﨑・高知市長、東北市長会会長の小野寺・青森市長、社会文教委員会委員長の吉田・本庄市長、同副委員長の川俣・那須烏山市長、地域医療確保対策会議副座長の都竹・飛騨市長が出席し、厚生労働省の正林・健康局長及び迫井・医政局長と意見交換を行った。
 本会からは、①新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、国民の期待は高いので、安全性や有効性、接種方法や副反応等の健康被害に関して、国民や市町村に対し、十分に説明していただきたい、②接種に係る財政負担については、国策であることを踏まえ、地方自治体に財政負担等が生じないようにしていただきたい、③接種の実施体制における相談対応について、市町村が担う役割として案が示されているが、副反応等の様々な問題が生じることが想定されるため、規模の小さな市町村が相談窓口の事務を行うのは困難である。他の選択肢も含めて検討することが必要であり、今後も協議していただきたい等の意見を厚生労働省に対して伝えた。
 
200909influvaccine-ikenkoukan01.JPG
立谷会長
 
200909influvaccine-ikenkoukan02.JPG
副会長の岡﨑・高知市長
 
200909influvaccine-ikenkoukan03.JPG
東北市長会会長の小野寺・青森市長
 
200909influvaccine-ikenkoukan04.JPG
社会文教委員会委員長の吉田・本庄市長
 
200909influvaccine-ikenkoukan05.jpg
社会文教委員会副委員長の川俣・那須烏山市長
 
200909influvaccine-ikenkoukan06.jpeg
地域医療確保対策会議副座長の都竹・飛騨市長
 
200909influvaccine-ikenkoukan07.JPG
会場の写真