ページ内を移動するためのリンクです。

財政委員会委員長の松浦・松江市長及び都市税制調査委員会委員長の髙橋・高岡市長が、「平成31年度 都市税財源の充実確保について」の実現方について、関係国会議員に対し要請(平成30年11月15日)

 11月15日、財政委員会委員長の松浦・松江市長は、自由民主党の塩崎・税制調査会副会長に、都市税制調査委員会委員長の髙橋・高岡市長は、自由民主党の甘利・税制調査会副会長、務台俊介・衆議院議員、宮路拓馬・衆議院議員、公明党の西田・税制調査会会長、桝屋・総務部会長にそれぞれ面談のうえ、「平成31年度 都市税財源の充実確保について」の実現方について要請を行った。
 具体的には、①車体課税については、減収を及ぼさず都市自治体の財政運営に支障が生じる見直しとならないようにすること、②ゴルフ場利用税については、現行制度を堅持すること、③地方一般財源総額と地方交付税総額を確保すること、④消費税・地方消費税率10%への引上げを確実に行うとともに、新しい経済政策パッケージの具体的な政策の策定に当たっては地方の意見を十分踏まえ、国の責任により適切に財政措置を講じること等を要請した。
 
 
塩崎恭久・自由民主党税制調査会副会長に要請する松浦・松江市長
 
甘利明・自由民主党税制調査会副会長に要請する髙橋・高岡市長
 
西田実仁・公明党税制調査会会長に要請する髙橋・高岡市長
 
桝屋敬悟・公明党総務部会長に要請する髙橋・高岡市長
 
務台俊介・衆議院議員に要請する髙橋・高岡市長
 
宮路拓馬・衆議院議員に要請する髙橋・高岡市長