ページ内を移動するためのリンクです。

「第32次地方制度調査会第17回専門小委員会」の地方六団体ヒアリングに立谷会長が出席(令和元年5月31日)

 5月31日、「第32次地方制度調査会第17回専門小委員会」において、「人口減少が深刻化し高齢者人口がピークを迎える2040年頃から逆算し顕在化する諸課題とその対応」について地方六団体から意見聴取が行われ、本会から立谷会長が出席した。
 立谷会長からは、①地方の人口減少は、圏域スキームや中枢中核都市構想によって簡単に解決できるような問題ではないこと、②日本の国土の大部分を支えている地方都市をどう維持していくかが課題であり、故郷のアイデンティティがなくなるような政策であってはならないこと、③全国市長会でアンケートを行っているので、住民と直接触れ合っている市長の意見を参考にしていただきたいこと等について発言を行った。
 
○会議資料
次第
 
 
 
010531chiseichou-hearing.JPG